18940716 NO1571 フランス政府の方針

18940716 NO1571 フランス政府の方針

http://db.history.go.kr/item/level.do?sort=levelId&dir=ASC&start=1&limit=20&page=1&setId=-1&prevPage=0&prevLimit=&itemId=jh&types=o&synonym=off&chinessChar=on&levelId=jh_004_0020_0120&position=-1

駐韓日本公使館記録 4巻   二. 露日関係 二   (12) [フランス政府の方針についての報告]

文書題目 (12) [フランス政府の方針についての報告]

文書番号 電受第四参六号

発信日 July 16. 1894. 10.24. a.m. ( 1894年 07月 16日 )

発信者 在仏公使 (*曾禰荒助:1893(明治26)年-1897(明治30)年)

受信日 Recd July 17. 1894. 8.10. a.m. ( 1894年 07月 17日 )

受信者 Mutsu (*陸奥宗光外務大臣

(12) [フランス政府の方針についての報告]

電受第四参六号

Mutsu,

Tokio.

Little interests in the Corean question French Government do not take the initiative to interfere干渉する with neither individually nor conjointly. They have simply expressed to their representatives in China and Japan weight which they push upon the peace.

在仏公使

July 16. 1894. 10.24. a.m.

Recd July 17. 1894. 8.10. a.m.

(私訳)

電受第436号

フランス政府は朝鮮問題に特に関心はなく、独自にでも共同してでも介入を主導しないようだ。彼らは清国及び日本にいる自国公使達に平和追及努力を支持している。

1894年 7月 16日 午前 十時 24分 発信

1894年 7月 17日 午前 8時 10分 受信

在仏 公使

東京 陸奧 外務大臣(*宛)